iPhoneを持っている人といない人との情報格差

iPhoneが日本でも販売されるようになって世の中の多くの人が実際に毎日使用するようになってから、私達の生活は以前と比べると飛躍的に便利なものになりました。


しかしまだまだ日本人の全てがiPhoneを持っているわけではなく、未だにガラケー等を使っている人というのも沢山います。



しかし現在深刻な問題となっているのが、iPhoneを持っている人といない人との間の情報格差が開いてきてしまっているということです。

具体的にはどのような問題なのでしょうか。



まずアイフォンを持っている人は、いつでもどこでも知りたいと思った情報にアクセス出来ますし、最新のニュース等も素早くチェックすることが出来ます。それに対してアイフォンを持っていない人の場合、何か情報やニュースに触れたいと思った場合はパソコンやテレビや新聞雑誌等に頼るしかありません。



そしてパソコンもテレビも新聞雑誌も、いつでもそばにあるわけではありません。

それに対してアイフォンは基本的にはいつも身に着けているものですから、まさにその場で使用できるというわけです。

よってアイフォンを持っている人達の間でしか共有できないニュースというのができてしまい、アイフォンを持っていない人達が疎外感を感じることになってしまうのです。

特に学生等は流行には敏感ですので、最新のニュースをその場でチェック出来ないというのは友達作りをする上で多少なりともハンデになってしまう場合もあるのです。